私と妻で選んだのは公園のそばにある環境のいい土地だったのですが、形が三角形で、しかも小高い丘で土が盛り上がっていたこともあって、大掛かりな整地が必要でしたが、造成工事にノウハウのある安達建設でしたのでイメージ通りの土地が整いました。
外観は、設計士と相談して公園と一体感が出せる塔のある南欧風の家に決定。中央の塔の部分を高い吹き抜けの玄関にして、左右に私が趣味で始めたステンドグラスの工房と住居をレイアウトしました。ステンドグラスの窓、出窓、船底型天井など、手間のかかる造作が多かったのですが、安達建設さんならではの心配りで対応していただき、完成までに通常の倍の約8ヶ月を費やしました。妻は梁のある吹抜けのリビングが気に入っています。私も、公園の見えるテラスで毎朝コーヒーを飲むのが日課になり、工房でのステンドグラス制作にも熱が入り、充実した時間を過ごしています。
2002年竣工・筑後市 F様邸

和風の瓦、漆喰の壁、そして暖炉・・・念願をかなえる住まいができ上がり、息子とともにその住み心地のよさを実感しながら日々を過ごしています。
特にこだわったのは、新建材や合板は一切使わないなどのこだわりにこたえてもらい、熊本まで探しに行った漆喰をはじめ、木やレンガなど本物の素材で全てを飾ることができました。木とレンガを施した壁と暖炉のあるリビングルーム、本格的な造りで構成した和室、18mもの1本ものの丸太を使った軒桁が支える長いテラスなど、住むほどに愛着のわく住まいに、満足しています。
1996年竣工・広川町 A様邸

本物の木にこだわった家にしたかったので、母の家を施工してもらった安達建設さんにお願いをしました。赤い屋根、ベージュの外壁とレンガの造作、やわらかい曲線を描く低い外構、そしてお気に入りの平屋づくり・・・主人とともに考えたマイホームへの思いが上手く形になったと満足しています。
リビングやダイニングキッチン、子供部屋、書斎、洗面室は、天井はもちろん壁も木に!洗面台までも木づくりにしました。体にも心にもやさしい家で、子供たちもすくすくと元気に育って欲しいと考えています。
2006年竣工・八女市 M様邸
1階にリビングダイニングと3部屋、2階に4部屋、私たち夫婦と息子家族の2世代6人家族が暮らしています。この辺りは以前に大きな台風が来て被害が出たので、それに耐えられる家にして欲しいということを希望しました。特に気になる屋根瓦部分はしっかり施工していただき、安心しています。一日のうち大半を過ごすリビングルームは梁を通し、天井を高くとっているので、気持ちいい空間になっています。廊下やキッチンもゆったりしていて満足しています。階段下や各部屋に収納もたっぷり確保してもらい、大満足です。
2006年竣工・柳川市 U様邸